Home > 精神科で診療してくれること

精神科で診療してくれること

心療内科、精神科、神経内科の違い違いをご存知ですか?

小さい頃に抱えたトラウマやコンプレックス、人間関係のストレス、過労、などの人間にとって悪条件が重なると発病されると考えられている精神的な病気。最近、ニュースや新聞でも取り上げられることも多く、身近な問題として抱えてる方も多いかもしれません。ひどい場合は自殺にまで自分をおいこんでしまうケースもあると聞きます。そして、この3つとも似ているようで、違う診療科。精神科で診療してくれることを、簡単ですがまとめてみました。

精神科で診療してくれることは、精神疾患を専門に扱う科なので、心の症状、心の病気です。心の症状とは、不安、抑うつ、不眠、イライラ、幻覚、幻聴、妄想などをさします。そのため、精神科でかかった場合、うつ病や統合失調症、神経症や不眠症と診断されるでしょう。

上記の精神科で診療してくれること以外にも、思春期・青年期精神障害や摂食障害、老年期精神障害も含まれるそうです。幅広い分野ですね。