Home > 適した診療が受けられる精神科の選び方

適した診療が受けられる精神科の選び方

精神科の受診は誰でも抵抗があるもので、精神科を受診してみようかなと思うときには、心身に相当のストレスを感じているはずです。ですから、受診したいと思ったら、思い切って病院へ行ってみましょう。

では精神科の病院はどのような選び方をしたらよいでしょうか。
最近は、多くの診療所やクリニックが病院のHPを持つようになってきています。病院検索サイトから地域や診療科を絞っていくと、いくつかの病院に辿り着くことができます。そ
のとき、各病院が主に扱っている病気や症状についても確認しましょう。

精神科では特に、「自分の状態やつらさを良くわかってくれる医師だな」と感じられる医師に出会うことが重要です。

そして、精神科の薬は一人一人合う合わないが大きいものです。初めに処方された薬が合わなかったら、どのように合わないかを伝えることが大切です。それにより、処方を変更したり、量を調整してもらいます。

同時に専門療法としての認知療法や行動療法等が行われるはずです。薬の処方しか行ってもらえない病院では、薬をずっと飲み続けるようになりかねませんが、適宜、指導や助言を行ってくれる医師の治療が受けられれば、減薬も可能になっていきます。

内科の疾患のように、すぐに病状が回復するものではなく、継続が必要であることが多いですが、よい病院の選び方ができたら、少しずつ状態は改善していくはずです。時間をかけてでも、よい病院選びをしましょう。