Home

精神科と心療内科

精神科とは

人は生きていれば、時にはひどく疲れてしまうことがあります。それも、体ではなく心が疲弊してしまうことがあるのです。
しかし、その状態が数週間続いて、一向にしんどくて辛い気持ちが解消されない場合や、どんどん辛くてしんどい気持ちが強くなってくる場合、または辛くてしんどいために動くのも億劫になってきた場合は思いきって精神科の診療をうけることをおすすめします。

精神科は、その名の通りに精神面、心関係の疾患を主に扱います。
よく知られているところでは、抑うつやうつ病の治療をおこないます。また、最近知られるようになったパニック障害や摂食障害などにも対応しています。
精神的なものや心的なものに原因があると思われる症状の緩和や治癒のための診療をしているのです。

精神科の医者は、辛くてしんどい気持ちを抱えてやっと訪れることができた患者の努力を認めようとしてくれます。患者の話に耳を傾けて、患者が元の元気を取り戻したいと思う気持ちに協力してくれます。それが患者の話を聞き、適切な薬を処方するという精神科のあり方なのです。
ですから、不安を抱く必要はありません。心が疲れた状態が続くならば、精神科へ通うことです。

心療内科とは

心療内科とは、病気に対してこころとからだ、そして病気になった人を取り巻く環境等を考量してトータルケアしていく医学のことをいいます。

心療内科が主な対象としている病気は心身症です。心身症は、病気になったときに発病したことやその後の病気の経過が心理社会的要因と密接に関係している疾患をいいます。

そして、レントゲンやカメラなどの検査で物理的に異常が確認される障害(器質的障害)とレントゲン・カメラでは異常が見つからないけれども、その動きや働きに異常が確認される障害(機能的障害)の2つの障害が認められる病気です。ただし、神経症やうつ病など他の精神障害に伴う身体症状は含まれません。

いまでは、私たちの仕事やプライベートなどを取り巻く社会的な環境は、ストレスがかかりやすい環境になっています。病気になったときに検査の異常や症状だけで治療しても病気の要因となるストレスなどを見つけ解消しなければ、仮に病気が治ったとしても何度も再発を繰り返すことになります。

心療内科は、病気の症状などに対して個別に対応するのではなく、病気の背景となる環境や心理的な要因も含めた総合的な医療なのです。

精神科と心療内科の違い

心が風邪をひくという表現もありますが、自覚の有無にかかわらず、精神的に過度のストレス状態が続いた場合には、心がダウンしてしまうことがあります。時には、そのダウンが体の調子が悪いという状態も引き起こすことがあるのです。そのような時には、精神科や心療内科を訪れることをおすすめします。

まず、精神科について見てみます。この科は、厳密に言えば精神疾患性のものを扱います。イライラ感や抑鬱感など鬱病や不眠症、神経症や統合失調症などが含まれます。
次に、心療内科について見てみます。

この科は、厳密に言えば心身症のものを扱います。精神的なものや心理的な要素が原因で生じる身体面での不調などが含まれます。ですから、精神科は心、心療内科は体、それぞれの病気や不調をメインとしているのです。

しかし、精神科の医師も、心療内科の医師も、心が風邪をひいている状態の患者であれば、専門医として診療してくれます。どちらか一方の科でないと自分の症状の場合は診てもらえないかもと不安がる必要はないのです。

精神科・心療内科も取扱っています医師転職ドットコム